Digitalyze GAME

Xbox360・PS3・Wii U・PS Vita・PSP(MHP3)のレビューとプレイ動画がメインです。キャプチャ環境とか動画のエンコードとか。新生FF14おもろい。

FF14オフィシャルベンチマークをやってみた

FF14

公開されてしばらくたちますが、PC環境をいろいろ入れ替えたので試しにやってみました。

ベンチマークのダウンロードは↓
ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマーク

<PCスペック>
CPU: Intel Core i7 930 (3.82GHz)
CPUクーラー: Corsair CWCH50
マザーボード: EVGA X58 FTW3
メモリ: Corsair CMP6GX3M3A1600C7 (6GB)
SOUND: Sound Blaster X-Fi Titanium Professional Audio
SSD: Intel X25-M SSDSA2MH080G2R5
HDD: WesternDigital WD20EARS 他2台
Blu-ray: BUFFALO BR-816FBS-BK
ケース: Corsair CC800DW
電源: Antec EarthWatts EA-750
OS: Microsoft Windows 7 Professional 64bit

上記をベースに2種類のビデオカードで試しました。

ビデオカード

上: Leadtek WinFast GTX260 EXTREME+ v2
(NVIDIA GeForce GTX 260 / 896MB GDDR3)
下: EVGA 768-P3-1360-KR
(NVIDIA GeForce GTX 460 / 768MB GDDR5)

一世代前のGTX260と最新のGTX460。どちらも2万円前後のミドルレンジクラスのカードです。
GTX460の方はオーバークロックした状態でも試しました。
◆コアクロック675MHz→850MHz(1700MHz)
◆メモリクロック900MHz→1000MHz(2000MHz)


HIGHモード(1920 x 1080)
GTX260 HIGH
GTX260 : 2708

GTX460 HIGH
GTX460 : 2547

GTX460 OC HIGH
GTX460 OC : 3145


LOWモード(1280 x 720)
GTX260 HIGH
GTX260 : 4703

GTX460 LOW
GTX460 : 4866

GTX460 OC LOW
GTX460 OC : 5774


<公式で発表されている動作基準>
【8000〜】 非常に快適
【5500〜7999】 とても快適
【4500〜5499】 快適
【3000〜4499】 やや快適
【2500〜2999】 普通
【2000〜2499】 やや重い
【1500〜1999】 重い
【1500 未満】 動作困難

HIGHモードはフルハイビジョン画質なのでビデオメモリの容量がけっこう影響してます。
オーバークロックでかなりスコアが上がるのでビデオカードのスペックがかなり重要ですね。
とはいえCore i7をオーバークロックして、GTX460をオーバークロックしてやっとHIGHで「やや快適」。要求するスペックはかなり高いです。
HIGHで8000以上出せる構成なんて現時点ではないでしょうね。

GTX460についてはまだ発売されたばかりで、今後のドライバアップデートでさらにスコアが上がる可能性があります。
実際に最新のドライバでは7%上昇しています。
NVIDIAも推奨グラフィックスカードに認定しましたし。
NVIDIA GeForce GTX 460、「FINAL FANTASY XIV」の推奨グラフィックスカードとして正式発表される

あとは常駐ソフトを全部動かしっぱなしなので切ってみたり、HDDじゃなくて高速なSSDから起動してみたりすればもうちょっと上がるかも。
OSは間違いなくWindows7がいいと思います。XPだと同じ構成でも10%〜20%くらいスコアが落ちます。

LOWモードのベンチマークをキャプチャしてみました。


キャプチャしながらなのでスコアは実際より低くなっています。

FF14推奨パソコンも各メーカー・ショップから発売されていますね。
SHOPPING
PROFILE
BLOG PARTS
このページのTOPへ
ARCHIVES
Copryright(c) Digitalyze [GAME]. All Rights Reserved. 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。